ホーム

スーパーなどで販売されている野菜の放射能汚染|安全な野菜を手に入れるには


スーパーなどで販売されている野菜などに、
疑問があると考えている主婦の方は、非常に多く、
野菜の通販サービスや宅配サービスなどを行なっている会社では、
こういった安全性を理由に利用している方が急増しています。


食の安全には定評のある日本だっただけに少し残念ですが、
家族の健康を考えるのであれば、1番良い選択なのかも知れませんね。


日本の農業は、高度成長をしてきましたが、
簡単に多くの野菜を生産するという方法が広まってしまったことは、
安全を第一とする上では、原因となってしまいました。


数年先の環境への悪影響が考えられていなかった農法は、
野菜や土に多くの残留農薬というデメリットを残してしまいました。


そんな中、起きたのが福島第一原発事故です。
この事故をきっかけに多くの放射性セシウムやヨウ素などが放出されました。
放射性物質は、宙を舞い、福島県だけではなく、


茨城県や栃木県など、関東近辺の農作物に降り注ぎました。
我々消費者としては、見て分かるものではないこの影響を、
食べてもいいものなのかと判別することがなかなか難しいです。


特に免疫力の小さい子供や、妊娠中の女性、高齢者などは、
放射性物質が一般成人と比べて、蓄積しやすいということが言われていますので、
健康への悪影響が懸念されています


放射能汚染が懸念される食品|体内に取り込まないように注意


放射性物質の一部は、食品を食べることで一緒に取り込まれ、
消化管から吸収し、体内に分布すると言われています。


体内での分布はさまざまあり、ヨウ素(甲状腺)や、ストロンチウム(骨)
のように特定の臓器に集まりやすいものもあれば、
カリウム40のように、均等に体内に分布するものもあります。


放射性物質は、そのものが時間の経過に伴って、
放射線を出す能力が減少していきます。これが放射能です。
また、他の物質と同じく代謝・排泄され、体外に出されていきます。


このようにして、徐々に体内に取り込まれた放射性物質は、
減少していくのです。


半減期と呼ばれる放射能の強さが、最初の約1/2になるまでの時間が、
長いといわれているセシウム137の場合には、約30年ですが、
体内に取り込まれた場合、半減期は約110日になると言われています。


何にせよ、食生活を改善するなどし、なるべく、
体内に取り込まないように、個々が気をつけていかなくては、
いけませんね。








近年、放射性物質(放射能)や、土壌汚染など、さまざまな環境問題から野菜の汚染が懸念されています。家族の健康のためにも、安全な野菜を摂りたいですよね。...

詳細はこちら


福島第一原発事故によって、大地の野菜に大量の放射能が、降り注ぐこととなってしまいました。この事故により、福島県は勿論、関東地方の野菜に対して、不安感...

詳細はこちら

Return to page top