ホーム » 放射線に対する対策方法|内部被曝をさけるための3つのポイント

放射線に対する対策方法|内部被曝をさけるための3つのポイント

ポイント1
放射性物質を入れない

まずはできる限り放射性物質を体内に入れないことが重要です

空気中に浮遊している放射性物質を吸引しないようにする
セシウムは土壌に強く吸着しているが土壌汚染レベルの高い地域では
風によって土とともに放射性物質が舞い上がる可能性があります

そして放射性物質を含んだ肉、野菜、魚を食べないようにする

野菜などの食材についてはより放射能汚染の可能性の少ない野菜を
しっかりチェックして配達している野菜宅配サービスがおすすめです



ポイント2
放射性物質を出す

一度に大量に内部被曝した場合はすぐに病院にいかなければなりませんが、
微量の内部被曝では自覚症状もないので、
自衛手段としては自然の力を利用して排出することになります

セシウムを早く体の外へ出すためには、
リンゴやミカンなどに含まれるペクチンが効果的であるといわれています

また非加熱の味噌は放射線によって傷ついた細胞を修復する効果や
放射性セシウムの排出を早める効果もあるといいます



ポイント3
放射線に対して強い体を作る


放射線によって傷ついたDNAは人がもともと持っている修復機能により修復可能です
さらに免疫力が高ければ発生したがん細胞の増殖を抑えることができます
自己修復機能、免疫機能を高める食生活を心がけるようにしましょう

関連記事

Return to page top