ホーム » 安心・安全なお米の食べ方|放射能から身を守る方法

安心・安全なお米の食べ方|放射能から身を守る方法


放射性物質が気にされている現在、子供を守るために、
お米に気をかけている人も多いのではないでしょうか?
実際、震災後の新米は、玄米で食べるよりも白米を選ぶほうが、
安心して食べることが出来ると言っても間違いはありません。


玄米の胚芽やその表面には、ミネラル分が多く含まれています。
放射性物質も、このミネラルが多く含まれた部分に多く、
蓄積しやすい傾向にあります。


お米に取り込まれたストロンチウムやセシウムは、
精米することで、約6割以上を除去することが出来ると言われています。
この事から言っても、原発事故後の新米は、玄米や発芽米でなく、
きちんと精米された白米を選ぶように心がけましょう。


ただし、玄米自体にはミネラル分だけではなく、
ビタミンBやポリフェノールなどの微量栄養素が豊富に含まれており、
健康のために非常に効果的な食材です。
こういった栄養素は、放射能防御から見ても優れた食材ですので、
産地を選び、汚染されていない玄米を食べることは非常に有効です。


放射線被曝に対し、体の抵抗力を高めるのは、
玄米に多く含まれている、ビタミン・ポリフェノール・ミネラルです。
小さな子どもには、より多く摂らせてあげたいですね。
こういった微量栄養素を取りつつ、バランスの良い食生活を送りましょう。

関連記事

Return to page top