ホーム » 外部被曝と内部被曝|食べ物によって体の内から被曝するほうが危険?

外部被曝と内部被曝|食べ物によって体の内から被曝するほうが危険?

内部被曝と外部被曝


内部被曝という言葉を良く耳にすることの多いこのご時世ですが、
外部被曝という言葉も使われているのをご存知でしょうか?


内部被曝とは対照的で、外部被曝というのは、
人の体の外から被曝することを差します。


内部被曝は、口にした飲み物や食べ物、呼吸などから体内に、
放射能物質を取り込み、体の内側から被曝することに対し、
外部被曝は、体の外側から直接的に放射能物質があたり、
外側から被曝することをさします。


ニュースなどで良く耳にする単位、シーベルトは、
放射能によって、人の体が受ける影響を表す単位であり、
待機中の放射線の量を、監視する際の単位でもあります。


自然界でも放射線はありますし、レントゲン検査などで、
放射線を浴びてしまうこともあります。
世界の平均で言えば、1年間で約2.4ミリシーベルトの
放射線を浴びています。日本では、1年間で約1.5ミリシーベルトと、
言われています。


福島第一原発事故の件もありますから、
気にされている方も多く居るかと思います。
測定器なども簡単に手に入るようになりましたので、
なるべく放射線を浴びないように、心がけていきたいですね

関連記事

Return to page top