ホーム » ストロンチウムとは?|骨の中のカルシウムと置き換わって大変危険な放射性物質

ストロンチウムとは?|骨の中のカルシウムと置き換わって大変危険な放射性物質



セシウム137とストロンチウム90と言う言葉を、
聞いたことがあるでしょうか?
あまり耳馴染みのない言葉ではありますが、もしかしたら、
ニュースなどで耳にしたことのある人もいるかも知れません。


セシウム137とストロンチウム90というのは、
ウランの核分裂生成物を代表とする、人工的につくられる、
放射性同位体のことです。


ストロンチウム90は、半減期と呼ばれる期間が28.8年あり、
その後β崩壊を起こし、イットリウム90へと変化します。


ストロンチウム90が他ないに入ると、電子配置や半径が酷似しているため、
骨の中のカウシウムと置きかわり、体内で留まり、
長期的に放射線を放出し続けるため大変危険です。
しかし、原発事故などで放出されるストロンチウム90の量はセシウムと比較すると、
少ないと言えるでしょう。

関連記事

Return to page top